FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱咤激励

AKB総選挙が開催された。
離れた親友から電話が入った。
かつての恋人から質問があった。
家族水入らずで語らった。
目が醒めた。
なんてつまらない了見で自身を眺めていたんだろう。
真っ白い壁に吊るされた、名無し同然の固い絵画群のように。
今更柄にもないお利口さんを演じるタマじゃない。
畏まらなければと自分に強要していた。
親父は「旅をどう活かすか」と耳打ちしてくれた。

突き抜けろ。
今を謳え。

m.hayashi

あらくれ

僕はどれだけ幸せな人間なんだろう。
あまりにも素晴らしい仲間、家族、最愛の人と同時代を生きられて。
既に気付いたことがある。
それは他でもない皆がいるから旅に出られるということ。
そう、より素晴らしい再会を果たすことを夢見てわざわざ中東くんだりまで渡るのだと。

朝ホテルの一室に取り残された瞬間、圧倒的な孤独が全身に走った。
初めて事の重大さを悟った瞬間だった。

この喪失をなんと名付けよう。
この断章をなんと名付けよう。

もう後戻りはできない。
賽は投げられた。

m.hayashi

Refuges

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

僕は現在まとまった休みの只中に居り、マイペースに時を送っています。
友人や親族と会ったり、部屋の整理をしたり、まぁありふれた日常です。
1/10まで仕事の予定はありませんが、不思議とそこまでの開放を感じられないのは年齢のせいでしょうか。
それとも月末に職を辞す為、既に先行きの不安を感じているのか。

そのどちらでもない気がします。
まぁそう遠くない未来に自ずと答えは出るでしょう。

とりあえず今の自分に愛を語る資格がないことだけは確かです。

m.hayashi

non!

クレイジーな日々だ。
どんな映画にも文学にも、大した効能はない。
生きているのか、死んでいるのか。
11月の静謐な葛藤を拭い去ったのは
どこの誰だって話なんだ。

m.hayashi

パイドロス

ルーティンの生活を繰り返し酒を飲み交わしているだけならこりゃはっきり言って延命治療でしかないよ。
どれだけ虚弱な人間に成り下がった?
生産の、尊厳の、理解の介在せぬ祠で。
せっかく訪れた出会いをフイにするところだった。
芸術作品は常に、歯の浮くような言葉の応酬の遥か高みに達している。

m.hayashi

<<PrevPageTopNext>>

Who?

m.hayashi

Author:m.hayashi

articles
ブロクエ

all-time vagabond.

presented byネット旅行.com

Shall We Tweet?
検索フォーム

Mobile版もどうぞ。

QR

Thanx for your time!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。