FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIVA

なんだってこんなに暑いんだ。
本当に明日から涼しくなるのかな。

<英語を話すことが僕を嘘つきから解放してくれる唯一の方法かもしれない>
と電話での英会話テストを終えた後に思った。


a)幼少期アメリカに住んでいた頃
そう多くはなかったが子供心にいやらしい差別に遭い、カフカ的侮辱を味わったこともあった。
小学校の遠足かなんかでバーガーショップに寄った時の話だ。

皆でファーストフードを頬張っている最中に生徒の誰かが店の電話で警察を呼び、パトカーが何台かやってきた。ちょうどトイレから戻ってきた僕は濡れ衣を着せられ頭ごなしに、それこそものすごい剣幕で先生に怒鳴り散らされた。

こちとら警察がダイアル911ってこと自体知らなかったと訳も分からず反論したが、信じてもらえるはずもなく
周りを見渡しても味方はいなかった。

結果僕は土曜学校2日間(当然週休2日制)の刑に処され、日本人学校を休まなくてはならなかった。
帰って親にも泣きついたが当時唯一の日本人家族だったうちには体制に従うしか道がなかったのだろう。
あの屈辱感は忘れまい。


クワイアにスカウトされた時、帰国前単身で1年残らせてくれと頼んだ時。
世の中には一人では到底どうにもできないことがあると痛感した時だった。


なんだ俺は劣等感だらけの人間じゃないか。





b)しかし我が物顔で家の敷地に入ってもらいたくはないね。
うちの池で釣りをしないでもらいたい。
それで怒っちゃいけないなんてどうかしてるよ。
大家に怒っていいですかなんて許可をもらわなくちゃならない?

明日はこの国にとって重要な1日になる。
自分にとっても。




c)まったく住んでる世界が違うなんてひどい話だと思わないか?
そして死後作品が認められた芸術家は不幸以外の何ものでもなかったんじゃないか?

今生きていられるのは家族と友達のおかげだ。
僕はハングリーに戻りつつある。
息を吹き返してくれる音楽や映画がある。
ウディアレンありがとう。TSUTAYAありがとう。

マンハッタンは素晴らしい、アニーホールも見事だ。
昔の自分への挨拶ってやつさ。
さてこれにて。


m.hayashi

ぼた雪にちなんでPageTopタイトルなし

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://supertriumph.blog29.fc2.com/tb.php/61-ca0d1d2d

Who?

m.hayashi

Author:m.hayashi

articles
ブロクエ

all-time vagabond.

presented byネット旅行.com

Shall We Tweet?
検索フォーム

Mobile版もどうぞ。

QR

Thanx for your time!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。