FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉を得る

下衆なトピックであることは重々承知だが、良くも悪くも記念すべき一日という本日に一筆綴らねばならないだろう。
4年半の月日は長かった。
二人とも映画や音楽が好きだった。
数々の礼儀作法、謙虚さ、人品、数え切れないほど多くのことを彼女から学んだ。
よく一緒に渋谷界隈で服を見たり、酒を飲んだりしたね。
ずっと結ばれると思っていた。

人格的には複雑且つ斜に構えがちな女性であり、潤う時も病める時も傍に寄り添ってくれた彼女の存在は間違いなく僕の心の糧であった。
想像が及ばないほどの迷惑をかけた。
相手の仕事が多忙をきわめ、ほとんど会えなくなってからは貴重なデートの度に言い争いを繰り返していた。
映画は無事公開され、彼女はようやく安堵を手にしたようだ。


今生きている世界は昨日まで息をしていた世界とはまるっきり異なる。
変わらず太陽が東から立ち昇り、暁の斑点を部屋々々の白壁へ滲ませても、毎日使っているブランケットの匂いを嗅いでみても、その節々に数時間前とは明らかに異なる地形を感じる。

僕はこれからどこへ向かうべきなんだろう。何をリスタートすべきなんだろう。

洋子、今まで本当にありがとう。
うんと幸せになるんだよ。


m.hayashi

血潮PageTopタイトルなし

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://supertriumph.blog29.fc2.com/tb.php/114-0bd5a821

Who?

m.hayashi

Author:m.hayashi

articles
ブロクエ

all-time vagabond.

presented byネット旅行.com

Shall We Tweet?
検索フォーム

Mobile版もどうぞ。

QR

Thanx for your time!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。