FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジロック11 Wilco

Wilco

個人的にWilco愛は相当なもので彼らのステージ姿を見た瞬間涙腺がゆるんでしまうほどだ。ファン全員を代表するような気持ちで盛り上げるし、彼らの為にフジロックに足を運んだ次第。
そういう人がしこたま集まっていたと思う。前回のzeppから一年以内という異例のショートスパン(その前は8年ほど空いた)で再来日を果たした彼ら。
しかもホワイトステージのトリだってんだから期待値はいやがおうにも高まる。
ケミカルブラザーズを途中で抜け、大急ぎでたどり着いた先には既に大勢のファンが所狭しとひしめき合っていた。
相変わらずアツいファンばかりで広角が上がる。セットリストも前述のzepp公演時と被らないよう熟考してくれたようだ。yankee~からの曲が多い多い。

skyやghostの楽曲に心酔している身としては残念だが、それでも圧倒的な演奏を披露してくれる。
しかしいかんせん音(PA)が悪すぎる。リードギターが浮きすぎてるし、ドラムのシンバルの通りの悪さにいたっては劣悪そのものだ。
ダイナミズムこそ彼らの音の醍醐味だというのに..これは終始具合が悪かった。
あと後半は初期のシンプルなアメリカンロック的曲の嵐で苦笑を禁じ得なかったが、当然良いライブだった。

zepp公演があまりにも良すぎた分比較するのはアレだが、実に素晴らしかった。新譜は恐いが楽しみである。
バンドの仲はよさそうだし、POPな曲も大いにけっこうだが内省的な作品が聴きたいというのが本音だったりw
早くまた観たいぞー。

m.hayashi

PageTop

Who?

m.hayashi

Author:m.hayashi

articles
ブロクエ

all-time vagabond.

presented byネット旅行.com

Shall We Tweet?
検索フォーム

Mobile版もどうぞ。

QR

Thanx for your time!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。